SoWAs

鄭孝胥 / ていこうしょ

  • 鄭孝胥、中国近代政治家、詩人、書道家。楷書が得意である。”同光体”提唱の一人である。

  • 関連作家

    • 胡嗣瑗

      胡嗣瑗、貴州省生まれ。満州政府秘書長、参議院などを務める。詩文書道を得意とする。

    • 沈瑞麟

    • 栄厚

    • 張景惠

    • 韓雲階

    • 呂榮寰

    • 熙洽

    • 張煥相

    • 陳継承

    • 陳紹寬

    • 寶熙

      寶熙、滿州正藍旗生まれ。内閣の学士および礼部の大臣、法律大臣、民国後、大総統府顧問、上院議員を務め、政治にも参加した。

    • 三多

    • 陳伯橋

    • 溥儀

      愛新覺羅·溥儀(1906—1967)、清王朝最後の皇帝、字は曜之、号は浩然。また廃帝、宣統帝とも呼ばれる。曾祖父は道光帝、祖父は愛新覚羅奕譞、母親は瓜爾佳·幼蘭。1908年から1912年、1917年7月1日から1917年7月12日までの2度即位した人物。

    • 章壽彝

    • 謝鶴

    • 陳半丁

      陳半丁、浙江省紹興生まれ。貧しい家庭環境で育ち、生計を立てるため1894年に上海へ移る。そして知人の紹介で任頤、吳昌碩と知り合う。他に吳谷祥、吳石仙、陸廉夫などから技法を学ぶ。1906年北京へ移り、吳観岱、賀履之、陳衡恪と知り合う。40歳を過ぎてから北京大学の図書館で働く。後に国立北平芸術専科学校教授になる。40年代には数々の展覧会やチャリティーなどに参加する。50年代以後、北京中国画院副院長、中国画研究会会長、中国美術家協会理事、中国民族美術研究所研究員、中央文史館スタッフ、全国文字革命委員会委員、第三届中国文聯委員、全国第二、三、四届政協委員を務める。 花や山水、書道、篆刻が得意である。作品には《盧橘夏熟》、《高枝帯雨圧雕欄》、《惟有黄花是故人》などがある。

    • 溥儒

      溥儒、北京生まれ、恭親王の孫。山水、花鳥、走獣を描くのが得意。

    • 丁衍庸

      丁衍庸、広東省茂名生まれ。1949年香港に移住、以後1973年から死去するまで香港中文大学校外進修部で中国画を教える。度々国内外で個展を開催したり、展覧会に参加してきた。幼い頃から西洋画を学び、1929年以降に中国画を学び始め、篆刻や美術理論についても著述してきた。死後香港では丁衍庸遺作展、丁衍庸作品回顧展などを開催し、丁衍庸学業成績賞、丁衍庸芸術賞なども設立された。《丁衍庸画集》、《丁衍庸画冊》、《丁衍庸的書画印章》(フランス語)などの出版物がある。

    • 張伯英

      張伯英、字は勺圃、書道家、金石鑑定家、詩人、学者。

    • 曹汝霖

      曹汝霖(1877-1966)。字は潤田、中華民国初期の高級官僚、新交通系の首領。五四運動以前に交通総長、財政総長、交通銀行総理等を務める。また北洋政府(北京政府)の政治家でもある。

    • 羅振玉

      羅振玉、字は叔言,一作叔蘊,号は雪堂,貞松老人、浙江省上虞生まれ。書道は篆書、隸書、楷書、行書が得意である。皇帝文書の保存や、敦煌唐写本の整理、漢晋木簡の研究など学術上でも貢献している。

オークション取扱作品

Contact us

  • オークションに関するお問い合わせ
  • ギャラリーに関するお問い合わせ
  • 美術館に関するお問い合わせ
  • 画集、資料などのお取り寄せ
  • アートニュースに関するお問い合わせ
  • ほか
お問い合わせはこちら