SoWAs

王一亭 / おういってい

  • 王一亭、字は一亭、号は白龍山人、梅花館主、海雲山主等、上海青浦出身、清朝末期中華民国初期の著名画家、買弁。生涯仏教を信仰する。若い頃に徐小倉から絵画を学ぶ。その後任頤や吳昌碩と親しくなる。人物や花鳥、動物、山水、仏像の絵を得意とする。

  • 関連作家

    • 陸恢

      陸恢、字は廉夫、狷盫、号は狷叟、清朝末期から中華民国初期の画家。山水や花鳥、人物などの中国画を得意とする。

    • 錢化佛

    • 譚澤凱

    • 戴季陶

    • 何煜

      何煜、字は研北、上海生まれ。胡公壽(胡遠)、任頤(任伯年)、に師事する。その後、朱夢廬の弟子となる。花鳥画を得意とする。

    • 阪谷芳郎

      阪谷芳郎(1863-1941)、日本の大蔵官僚、政治家、子爵、法学博士。備中国川上郡九名村(今の井原市)生まれ。大蔵大臣、東京市長、貴族院議員等の職に就く。父は阪谷郎廬、曾孫の久美子は元首相の橋本龍太郎の妻。

    • 劉紀文

      劉紀文(1890-1957)、原名は兆銘、字は自然、紀文。祖籍は広東省広州府東莞県橫瀝鎮下車崗村、生まれは広東省順徳県。中国民主革命家、中華民国の政治家。南京特別視初代市長、広州国民政府第13代市長を務める。

    • 居正

      居正、字は覺生、号は梅川、中国民主革命家、中華民国の政治家、法学者。

    • 譚人鳳

    • 金有恆

    • 孫傳芳

    • 張燾

    • 沈卓吾

    • 張繼

    • 胡漢民

    • 章炳麟

    • 蔣介石

    • 譚延闿

    • 李烈鈞

    • 張犀

    • 張人傑

    • 朱家驊

    • 根塵

    • 邵元沖

    • 吳鐵城

    • 左宗樹

    • 汪兆銘

      汪兆銘、字は季新、号は精衛、近代中国の政治家、原籍は浙江省山陰県。科挙に合格し、官費留学生として日本へ留学する。日本の法政大学を卒業。

    • 陳籙

    • 林葆恆

    • 毛慶潘

    • 劉慶曾

    • 呉昌碩

      呉昌碩(1844 —1927)、清時代後期の有名な書画家、篆刻家。字は昌碩、号は苦鉄、浙江省安吉生まれ。少年時代に父の影響を受け、書や印刻を好きになる。呉昌碩は花卉を描くのが得意で、筆の動きや構図など、独特な画風を持っている。墨筆では梅や牡丹などの花や木、石などは高貴で美しく、筆使いは勢いがあり生命の息吹を感じられる作品になっている。

    • 多門

    • 唐熊

    • 王傳燾

      王傳燾、字は季眉、浙江呉興(今の湖州)の人。1903年2月14日に上海で生まれる。1978年2月6日に75歳で亡くなる。清末明初の海上派の巨匠王一亭の三男。

    • 汪超

    • 呉徵

      呉徵、字は待秋、号は抱鋗居士、疏林仲子、春暉外史、鷺鷥灣人、浙江省崇德県生まれ。清代末期中華民国初期の画家。

オークション取扱作品

Contact us

  • オークションに関するお問い合わせ
  • ギャラリーに関するお問い合わせ
  • 美術館に関するお問い合わせ
  • 画集、資料などのお取り寄せ
  • アートニュースに関するお問い合わせ
  • ほか
お問い合わせはこちら